中国政府のビットコインへの規制は、日本国内の仮想通貨の盛り上がりに水を差すか?

f:id:su-a-ma:20170225103006j:plain

 

 

 

「仮想通貨」

「ビットコイン」

 

日本国内において、最近このような分野が盛り上がってきているようだ。

 

2016年5月に仮想通貨の取り扱いについて定めたいわゆる「仮想通貨法」が成立、2017年には施行される予定だ。

2016年には仮想通貨の代表である「ビットコイン」の価値が2倍以上に値上がりした。

このようなことが盛り上がりの背景にあると思われる。

 

【参考】2017年“仮想通貨法”施行、「フィンテック」関連株は本格飛翔へ <株探トップ特集>(株探ニュース) - ニュース・コラム - Yahoo!ファイナンス

 

この盛り上がりの中、仮想通貨や、その基盤になっている「ブロックチェーン技術」について色々な話を聞く。これらはインターネットの出現に匹敵するほど大きな潜在力がある云々。

 

 

ただ、まだその可能性について十分に腹落ちしていないところがある。本当なのだろうか? と思うところがある。

多分私がまだ勉強不足なのだろうと思う。その勉強を始める意味もあってこのブログのエントリーを書いている。

 

 

 

仮想通貨の代表といえば、「ビットコイン」である。

 

私は実はこのビットコインを使うメリットがまだ分かっていない。色々言われている中で一番のメリットだと思うのが、銀行を使うのに比べて海外送金が速く、その手数料が安いということだ。ただ、これは本当に仮想通貨だからこそのメリットなのか少し疑問でもある。

銀行の間の送金は、何もお札を空輸しているわけではない。銀行の口座の数字を変えているだけだ。

今、銀行に行けば国内送金はすぐに行うことができる。海外送金は確かに不便だが、本当は(技術的には)やろうと思えば海外送金であっても、国内送金のように、すぐに、そして安く送金できるのではないだろうか?

ただそれをしていないのは、政府の規制があって、資金洗浄を防ぐチェック等をしなくてはならず、その為に時間とコストがかかっているからではないのか?

仮にそうであれば、ビットコインの銀行よりも早く・手数料が安いというのは、現段階で銀行と違って規制されていないからであって、いつか規制をされるようになった場合、このメリットは消える。そういうことにならないだろうか? 

本当のビットコインのメリットはなんなのだろうか?

 

 

 

ヒントになりそうな面白い事実がある。

世界のビットコインの取引の9割が中国で行われており、「マイニング」と呼ばれるビットコインの生産に関しても、世界の生産の7割が中国内で行われているということなのだ。

【出所】

少なくとも現段階において、ビットコインは事実上、中国用の仮想通貨なのである。中国内においては、使うメリットがとてもある。逆に、中国以外ではほとんどメリットがないともいえそうな状況になっている。

 

ではそのメリットは何か? 

 

中国では、現在の人民元が高すぎ、今後人民元安になるという見方をする人が多い。その為、今のうちに人民元をドル等の外貨に換えておこうという動きがある。これに対して、政府は人民元が安くならないように、人民元をドル等に換えることに規制をかけている。

(それにしても、トランプ米大統領が、中国政府が人民元を意図的に安くしていると批判している一方、中国政府が人民元が安くならないように規制をかけているというのは興味深い)

 

 

そして、この規制をかいくぐる手段として、ビットコインが使われているという見方がある。

【出所】Chinese Investors Buying Up Bitcoin as Yuan Falls - WSJ

これはとても腹落ちするメリットに感じる。昨年値上がりしたというのも、中国人投資家の資金が背景にあるとするならば納得がいく。

 

 

 

 一方、中国政府は人民元をコントロールしたい訳なので、当然その規制の抜け穴となっているビットコインには注目している。そして徐々に規制を強めている。

 

特に2017年に入ってからはいくつかの動きがあった。

  • 1月6日: 中央銀行が中国の3大ビットコイン取引会社に調査開始を通知
  • 1月11日: 中央銀行が3社に抜き打ち調査に入る
  • 1月18日: 調査結果を発表、規定違反や資金洗浄への対応不備があると指摘
  • 2月8日: 調査対象を9社に拡大。9社に資金洗浄対策等の強化を要求
  • 2月9日: 中央銀行、今後規定違反が厳重だった場合には取締ると警告。結果、大手3社が取引を一時停止すると発表

【出所】 暂停提现!为此,中国打响第一枪! _ 东方财富网(Eastmoney.com)

 

 

これらの一つ一つの動きに対し、ビットコインの相場は大きく影響を受けている。例えば、2月9日には、15分程度の時間でビットコインの価格が1割程度下がった。日本円等の他の通貨の変動と比べると相当な下落である。

 

 

 

現在、日本においては、仮想通貨に関して、盛り上がっているように見える。

仮にだが、更に中国政府が規制を強め、ビットコインの価格が大きく下がる、もしくは中国内での利用がなくなるということがあった場合、この盛り上がりは水を差されて無くなってしまうことはないか? それとも、やはり中国とは関係なく発展していくのか? 気になるところである。

 

 

私はビットコインや仮想通貨について専門家ではないので、考えが足りていないところもあると思う。その点ご容赦ください。

 

すあま

 

 

「サッカー版爆買い」の次に、「スキー版爆買い」があるだろうか?

 

f:id:su-a-ma:20170225104537j:plain

 

 

中国のサッカーチームが、信じられない額の報酬で欧州リーグのスーパースターを引き抜くニュースを最近よく耳にする。あまりに多く耳にするので、もう慣れてしまった感もある。

下は世界のトッププレイヤーの報酬上位20名のランキングだが、トップの2人を含め、上位20人のうち既に6人が中国スーパーリーグでプレイする選手だ。

 

<世界サッカー選手報酬トップ20(2016.12)>

  1. Carlos Tevez   : 中国スーパーリーグ 上海申花
  2. Oscar :  中国スーパーリーグ 上海上港
  3. Cristiano Ronald
  4. Gareth Bale 
  5. Lionel Messi 
  6. Hulk : 中国スーパーリーグ 上海上港
  7. Paul Pogba
  8. Graziano Pelle :中国スーパーリーグ 山東魯能 
  9. Neymar
  10. Wayne Rooney
  11. Robin van Persie
  12. Yaya Toure
  13. Sergio Aguero
  14. Luis Suarez
  15. Asamoah Gyan : 中国スーパーリーグ 上海上港
  16. Ezequiel Lavezzi : 中国スーパーリーグ 河北華夏
  17. Zlatan Ibrahimovic
  18. David Silva
  19. David De Gea
  20. Bastian Schweinsteiger

【出所:Telegraph

 

このような海外からの引き抜きは中国の「サッカー版爆買い」ともいうことが出来るだろう。

 

それにしても、中国のサッカー市場は大きいだろうし、企業にとっては広告の役割もあるのだとしても、こんなに大金を払って本当に採算は合うのだろうか?このように考える人は少なくないと思う。

 

この疑問に対する一つの答えとしては、このような「サッカー版爆買い」には、採算どうこうということを超えて、政治的な理由もあるのだと考えることもできる。

 

中国では政府の力・権限はとても強く、政府との関係をいかに良好にするかということは、多くの企業が非常に気を使っていることである。

そして、有名な話でもあるが、政府の最高権力者である習近平国家主席は大のサッカー好きなのである。彼のサッカー好きを表す逸話は事欠かない。

  • 彼は中学生時代にサッカー少年だった
  • 社会人になってもしばしばサッカー観戦に通っている
  • 今でもリフティングが出来る 【写真】 
  • サッカーのスター選手が大好きである【写真

 

そして、中国チームを強くし、ワールドカップに出られるようにすることは彼の夢なのである。

  •  2011年に「中国サッカーの3つの夢」として ①中国チームがワールドカップに出場すること・②中国でワールドカップを開催すること・③中国チームがいつの日かワールドカップで優勝することが夢だと語っている 【参考
  • 2014年にアルゼンチン副大統領と会談した際に「私はサッカーが大好きだ。一日も早く中国がワールドカップに出られるようになることは私の夢だ。アルゼンチンには是非中国のレベルの引上げを手伝って欲しい」と語っている【参考

 

このようなサッカー好きで、中国のサッカーをなんとか強くしたいと言っている国家主席を目の前にして、企業が若干採算度外視だとしても、海外からスーパースター選手を招聘しているのだと考えることも不自然ではないように思える。

 

 

 

もしかすると「スキー爆買い」があるのではないか?

 

実は、習近平氏が強くしたいと思っているスポーツが他にもある。それはスキーだ。

 

中国は、2022 年に北京で初の冬季オリンピックを開催する予定だ。5年後の開催に向けて現在会場建設などの準備が進められている。

そして冬季オリンピックで花形のスキー関連の種目で、今のところ中国はまだ強豪国とは言えないレベルである。競技人口が少ないこともあるのだろう。

 

このことについて、以前から彼は気にしている。

  • 例えば、2014 年にロシアのテレビ局のインタビューを受けて、彼はこう言っている「中国は冬季オリンピック種目、特にスキーでは強豪国に大きく差をつけられている」 【参考

 

そして冬季オリンピックを5年後に控えた 2017年1月23日、習近平氏はオリンピック会場となる河北省のスキー場を訪れた。その時に、明らかにスキーを盛り上げたいことを明らかにした。

  • 「中国のウィンタースポーツには弱点があるので何とかしないといけない。選手は頑張って北京オリンピックでいい成績を取ってほしい」【参考
  • 「ウィンタースポーツの選手に対しては、国が全力でサポートする」
  • 「北京オリンピックの重要な目的の一つは中国のウィンタースポーツの発展だ」
  • 「もっと多くの投資家に中国のウィンタースポーツ産業の発展に注目をし、貢献をしてもらいたい。」【参考

この様子がテレビで大々的に報道された。 

 

もし仮に「サッカー版爆買い」が政治的な理由によるものならば、同じように、今後「スキー版爆買い」が起きることもありえるのではないだろうか?

 

「スキー版爆買い」があるとしたら、きっとスター選手を買うのではないだろう。きっと海外の会社を買うのではないだろうか。 

スキー場やスケート場の開発会社、リフトや積雪機などの設備会社、スキーウェアやスキー器具の会社、スキースクールやスキーツアー等の関連サービス会社、こういう会社を買収できないかと中国企業は既に検討し始めているのではないだろうか。

 

 

 すあま

f:id:su-a-ma:20160711125652j:plain